自律神経は、交感神経と副交感神経という2つの神経から成り立っています。この2つの神経は、それぞれ別々の働きを持っているのですが、ここでは交感神経の働きについて説明したいと思います。交感神経が主に働いている時間は、昼間活動している時間です。仕事をして体を動かしている時や何かでストレスを感じたり、緊張している時に交感神経が働くのです。その他にも、恐怖や怒りを感じている時などにも、交感神経が働いていると言われています。交感神経の主な働きとしては、血管を収縮させることや血圧を上昇させることなどがあります。血圧があがれば心拍数も上がりますし、心拍数が上がれば呼吸数も自然と上がるでしょう。このように、交感神経は体を活発に働かせるために働いている神経なのです。交感神経が働いている場面をわかりやすく説明しますと、例えば、仕事などでストレスを感じたりすると、食欲がなくなったりしますよね?これは交感神経が働くことによって、胃腸の働きが弱まり、消化液の分泌が抑制されてしまっているからなのです。通常、交感神経と副交換神経はそれぞれが上手く働き、バランスを保っています。でも、交感神経ばかりが働き過ぎてしまうと、この2つの神経のバランスを崩してしまうことになるのです。交感神経ばかりが働いてしまった場合には、副交感神経が上手く作用しなくなってしまいます。そうなると、ストレスを受けることで、体内に疲労物質が溜まってしまい、体が十分に回復することができなくなるでしょう。日常的に、疲れを感じやすくなり、長引けば色々な不調を感じるようになりますー